肌が弱い人は紫外線散乱剤を使った日焼け止めを選ぼう

紫外線散乱剤が良い理由

肌が弱いという人の中には日焼け止めを塗ると、肌が赤くなるなどのトラブルを起こすケースも少なくありません。肌が弱いという人は、紫外線散乱剤配合の日焼け止めを選ぶようにしましょう。日焼け止めに使われている紫外線予防成分には、紫外線散乱剤の他に紫外線吸収剤というものがあります。紫外線吸収剤を使っている日焼け止めは、伸びが良く白浮しにくいのが魅力です。紫外線吸収剤は紫外線が当たると、肌の上で化学反応を起こし紫外線のダメージを肌細胞に与えないという効果でUVケアを行います。肌の上で直接、化学反応が起こるので敏感肌だと、肌が赤くなったり熱感を感じるなどのトラブルが起こりやすくなるのです。一方、紫外線散乱剤は物理的に紫外線を跳ね返して、肌細胞を紫外線のダメージから守ります。肌の上で化学反応を起こすことが無いので、肌が弱い人でも紫外線散乱剤配合の日焼け止めなら、比較的肌トラブルを起こしにくいようです。

紫外線散乱剤配合の日焼け止めか見分けるコツ

肌が弱い人は負担の少ない紫外線散乱剤を使った日焼け止めがおすすめですが、ドラッグストアなどには多くの日焼け止め商品が並んでおり、「どれが紫外線散乱剤配合の日焼け止めか分からない」という、事態に陥ってしまいがちです。紫外線散乱剤配合の日焼け止めは商品によって、「ノンケミカル」と記載されています。ノンケミカルとなっている商品であれば、紫外線吸収剤は使われていません。また、日焼け止めのパッケージを確認して、どのような成分が使われているかも確認すると良いでしょう。紫外線散乱剤として使われている代表的な成分は、酸化チタンや酸化亜鉛です。紫外線吸収剤の成分としてはメトキシケイヒ酸エチルヘキシルが多く使われています。肌が弱い人はメトキシケイヒ酸エチルヘキシル配合の日焼け止めは避けて、酸化チタン・酸化亜鉛が入っているものを選ぶと良いでしょう。

© Copyright Treatment Of Freckles. All Rights Reserved.