肌へのべたつきが気になる人におすすめの日焼け止め

べたつきが少ないジェルタイプ

シミ対策として紫外線から肌を守るために、日焼け止めを塗るUVケアは欠かせません。ただ、日焼け止めを塗ると肌がべたつくのが苦手と感じる人も多いようです。日焼け止めにも色々なタイプがあって、肌がしっとりとするものだと皮脂分泌が過剰な人が使った場合、べたつきが気になるかもしれません。皮脂の分泌が多い、また日焼け止めで肌がべたつくのが嫌だという人は「ジェルタイプ」の日焼け止めを選んでみましょう。ジェルタイプは塗るとすぐ肌に馴染みます。油分の配合が少ないので、べたつきが少ないタイプです。最近は水や汗に強いウォータープルーフ処方の、ジェルタイプ日焼け止めも増えています。女性はもちろん男性も使いやすい日焼け止めです。

サラッとした仕上がりになるパウダータイプ

ジェルタイプよりさらにべたつき感の少ない日焼け止めを使いたいなら、パウダータイプをチョイスしてみましょう。パウダータイプは粉状の日焼け止めです。つけるとサラッとした肌になります。男性はもちろん、日焼け止めを塗るのを嫌がるお子さんでも、無理なくUVケアできるアイテムです。またパウダータイプは肌に優しい処方で作られている商品も多く、敏感肌の人でも使いやすいと言われています。通常の化粧下地やファンデーションの上に重ねて使うことも可能です。ただし、粉状のテクスチャーということもあり、パウダータイプの日焼け止め単体で使った場合、少々肌への密着度は弱いようです。パウダータイプのみでUVケアする際は、こまめに塗り直すようにしましょう。

© Copyright Treatment Of Freckles. All Rights Reserved.