日焼け止め塗る時のコツ

効果を発揮させるならタイミングが大事です

日焼け止めを塗る時に注意したいのが、利用するタイミングです。日焼け止めは肌に塗ったからといって、すぐにその効果を発揮してくれるわけではありません。したがって、出かける直前に日焼け止めを塗り、すぐに紫外線を浴びてしまうと、せっかく日焼け止めを使っても効果が不十分となり、シミを作ってしまう可能性を高めてしまいます。利用する日焼け止めにもよりますが、日焼け止めは紫外線を浴びる30分くらい前には塗り終えていることが大切です。日焼け止めを使っているのに、シミが増えている様に感じたり、日焼けによる肌トラブルを感じたりということがあるなら、是非、日焼け止めを利用するタイミングを見直してみて下さい。ちょっとの気遣いが後々大きな差となって肌に現れますよ。

のばさず、叩く様にのせていきます

日焼け止めの効果を考える場合、どの商品を選ぶかということも大切ですが、それ以上に気を付けたいのが日焼け止めの塗り方です。どんなに良い商品も塗り方を間違えれば効果は半減してしまいかねません。日焼け止めは、手で塗る場合にも、スポンジやブラシで塗る場合にも、広げたり、のばしたりせず、トントンと叩く様に肌にのせていくことが大切です。ムラなく、肌にのせたい場合や日焼け止めによる白さが気になる場合には、均一になる様、しっかりとのばして顔全体に塗ろうとするかもしれません。けれど、広げている内に日焼け止めを塗った部分をこすってしまったり、何度ものばしている間にムラが出来てしまったりと、ミスに繋がることも多いので、あまり良い方法とは言えません。それよりも、少量ずつ、叩く様に肌にのせていく方法がお勧めです。ちょっとずつ塗れるものの、それなりの量を使うことになるので、しっかりと日焼け止めを肌にのせられますよ。

© Copyright Treatment Of Freckles. All Rights Reserved.